HOME

セキュリティ向上にも一役買う不動産管理ソフト

不動産会社の業務は多岐に渡っています。物件の広告掲載や問い合わせ対応、重要事項の説明、契約といった営業活動だけでなく、家賃管理や修理依頼対応、売上管理などの管理業務までと様々な業務があります。これらに必要な情報を一元的に管理することができるのが、不動産管理システムです。
ソフトごとに違いはありますが、不動産管理ソフトには主に次のような機能があります。営業支援やマンション会計、不動産販売管理、修繕計画など、どれも不動産管理業務に役立つものばかりです。特に複雑な賃貸管理業務をサポートするための賃貸管理システムでは、顧客からのクレーム管理なども行うことができます。
不動産管理ソフトを導入することで表計算ソフトなどの手入力によるミスが減少し、また自動的にシステム上に過去の対応履歴が残っていくので、引き継ぎも行いやすくなります。情報を一元化して管理するため、機密情報の漏えいリスクを減らすこともできます。重要な個人情報を扱う不動産業務には欠かせない、セキュリティの向上をはかることができるのです。
不動産管理ソフトには、それぞれに強みとなるポイントがあります。会社に必要なものが管理業務の効率化なのか、セキュリティ強化なのか、現状に合わせた目的や使い方を把握して適切なシステムを選びましょう。

choices

基幹システムが不動産管理のファシリティマネジメントを成立させる

賃貸管理業務をファシリティマネジメントの中核に位置づける場合、重要な役割を担うのが基幹システムとしての不動産管理ソフトの存在です。企業が組織活動を目的とし施設と環境を総合的に活用するファシリティ…

≫more

不動産管理ソフトはトラブル対応データを蓄積しマニュアル化する

賃貸管理にはさまざまなトラブルがつきものです。入居者や近隣住民から寄せられるクレームへの対応、呼称や破損の修繕依頼、家賃の滞納など賃貸管理で一番重要かつ面倒なのはトラブルへの対応です。トラブルへ…

≫more

セキュリティ向上にも一役買う不動産管理ソフト

不動産会社の業務は多岐に渡っています。物件の広告掲載や問い合わせ対応、重要事項の説明、契約といった営業活動だけでなく、家賃管理や修理依頼対応、売上管理などの管理業務までと様々な業務があります。こ…

≫more

不動産管理ソフトのメリットとは?

アパートやマンションなどの賃貸管理をしていると、細かな業務が面倒ですよね。今回は不動産管理ソフトを導入した場合のメリットについて解説します。【1.書類やデータの紛失がなくなる】不…

≫more