HOME

基幹システムが不動産管理のファシリティマネジメントを成立させる

賃貸管理業務をファシリティマネジメントの中核に位置づける場合、重要な役割を担うのが基幹システムとしての不動産管理ソフトの存在です。企業が組織活動を目的とし施設と環境を総合的に活用するファシリティマネジメントでは全体を統括する基幹システムの存在が欠かせません。統合的な運用が実践できなければファシリティマネジメントは成立しないのですから、言い換えるなら統合的な基幹システムによってのみファシリティマネジメントが成立するとも言えます。
不動産管理システムは企業が実践するファシリティマネジメントにおいて理想的なシステムのひとつです。賃貸管理を中核に位置づけるとなると基幹システムそのものも不動産管理に特化したものであることが求められます。不動産管理ソフトの導入によって賃貸管理を中核としたファシリティマネジメント体制が構築され、企業が一帯となってい経営を実践する環境が構築されます。
もちろん不動産管理ソフトを導入すれば即ファシリティマネジメントが成立するわけではありません。現実的には運用の習熟や業務への落とし込みなどが必要になりますが、不動産管理ソフトを導入すれば特別なスキルのない社員でも専門的な業務への対応が可能になります。人材育成の問題も解決され、経営改善に大きな期待が寄せられます。

choices

基幹システムが不動産管理のファシリティマネジメントを成立させる

賃貸管理業務をファシリティマネジメントの中核に位置づける場合、重要な役割を担うのが基幹システムとしての不動産管理ソフトの存在です。企業が組織活動を目的とし施設と環境を総合的に活用するファシリティ…

≫more

不動産管理ソフトはトラブル対応データを蓄積しマニュアル化する

賃貸管理にはさまざまなトラブルがつきものです。入居者や近隣住民から寄せられるクレームへの対応、呼称や破損の修繕依頼、家賃の滞納など賃貸管理で一番重要かつ面倒なのはトラブルへの対応です。トラブルへ…

≫more

セキュリティ向上にも一役買う不動産管理ソフト

不動産会社の業務は多岐に渡っています。物件の広告掲載や問い合わせ対応、重要事項の説明、契約といった営業活動だけでなく、家賃管理や修理依頼対応、売上管理などの管理業務までと様々な業務があります。こ…

≫more

不動産管理ソフトのメリットとは?

アパートやマンションなどの賃貸管理をしていると、細かな業務が面倒ですよね。今回は不動産管理ソフトを導入した場合のメリットについて解説します。【1.書類やデータの紛失がなくなる】不…

≫more